お金を借りる審査wiki

お金を借りる審査wiki | はじめてお金を借りたい方から2社目、3社目の銀行、消費者金融まで

お金を借りるとき審査が気になりますよね。当サイトでは、はじめてお金を借りたい方のために2社目、3社目で借りれる可能性がある銀行、消費者金融を紹介しています。

【消費者金融と銀行の審査】2社目、3社目のキャッシングからはじめてお金を借りたい方まで

ここでは、はじめてお金を借りたい方から2社目、3社目のキャッシングをお考えの方までの幅広い審査や条件などをご紹介していこうと思います。現在、消費者金融や銀行からの借り入れをご検討されている方は是非当サイトをご参考頂ければと思います。

はじめてお金を借りられる方も、2社目、3社目での消費者金融のご利用でお金を借りられる方も、まず最初に気になるのが審査ではないでしょうか?

はじめて消費者金融キャッシングや銀行カードローンをご利用になられる方は、審査自体がはじめてという方も多いと思いますので不安になるのは当然のことですよね。どんな審査を行うのか、自分は審査に通過することが出来るのかお申し込みの前も後も不安がつきまとうかもしれません。

同様に、消費者金融キャッシングや銀行カードローンを既にご利用されていて、2社目、3社目のご利用をご検討されている方にとっても審査はどうしても気になる問題ではないでしょうか。キャッシングをするということはお金を借りるということで、その借入先が増えれば増えるほど信用問題に影響を及ぼさないか気になる方は多いと思います。

ということで、まずはお金を借りる際の審査についての情報をご紹介していこうと思います。

はじめにご紹介するのが、はじめて消費者金融キャッシングや銀行カードローンをご利用される方の審査についてです。

消費者金融も銀行も審査項目については基本的には同じだと思って下さい。

まず、お金を借りる上での最低条件となるのが20歳以上である方、定期的な安定収入のある方という2点になります。表向きではこの2点だけですが、当サイトとしてもう1点最低条件として付け加えたいのが、これまでにクレジットやローンなどの支払いで支払い遅延や滞納などが無い方になります。

金融業者というのは信用情報をもとに審査を行っており、この信用情報はクレジットカードや信販会社など共通して利用する情報になります。つまり、全く違う業者であっても扱っている信用情報は同じになりますので、これまでに支払い遅延や滞納があった場合は審査に通りにくくなってしまう場合があるのでご注意下さい。

但し、ご注意頂くとしてもここで区別するべきは消費者金融と銀行です。
銀行は消費者金融に比べ金利が安く、総量規制の対象外という特徴があります。

総量規制とは年収の1/3までしか借入が出来ないという規制で、銀行は年収による借入制限が無い分審査が厳格に行われるという訳です。

一方、消費者金融キャッシングは総量規制の対象となるので、年収の1/3までという借入制限があります。この制限がある分、銀行よりは比較的審査に通過しやすいと言われており、先ほど言ったような信用情報に問題があるかもしれないという方でも審査に通過する可能性はあるのでお申し込みをされてみるのも良いかと思います。

それでも、低金利だから消費者金融よりは銀行からお金を借りたいと思われる方も多いと思います。
そんな方にお伝えしたいのが消費者金融キャッシングが行っている30日間無利息キャッシングです。
30日間金利0円ということなので、利用方法次第では銀行カードローンよりも安くキャッシングが出来るので金利にこだわる方にも消費者金融キャッシングは実はお勧めだったりするんです。

更に、消費者金融キャッシングの最大の特徴はやっぱりスピードです。

今すぐにお金を借りたい!とお考えの即日キャッシングをご希望される方は、銀行カードローンよりも消費者金融キャッシングが断然お勧めです。来店不要で、お申し込みをされたその日に借り入れすることも出来るのでお急ぎの方は是非消費者金融でのキャッシングをご検討下さい!

銀行カードローンや消費者金融キャッシングで2社目、3社目の借り入れは出来るのか?

では次に、銀行カードローンや消費者金融キャッシングで2社目、3社目の借り入れをお考えの方への情報へと移って参りましょう。

もしかしたら、2社目、3社目の借り入れをお考えの人の方が、はじめて借り入れをされる方よりも不安なのかもしれませんね。これはクレジットカードでも言えることですが、いくつも契約をすることはそれだけで信用情報を損なってしまう可能性があるからです。

最初に結論からお伝えしますが、1社目を契約し、利用した段階で支払い遅延や滞納などの問題が特になければ、それが利用実績となり2社目の契約ならスムーズに行える可能性が高いと思って下さい。但し、総量規制もあるので利用限度額が1社目のときよりも低くなる場合がありますことを予めご了承下さい。

そして、3社目以降についてですが、現在既に2社の消費者金融と契約をしていて3社目以降のご契約をお考えであれば、出来るだけ3社目以降の契約はされないことをお勧め致します。

というのは、2社目の契約と3社目の契約では意味合いが全く異なるからなんです。
先ほどもお伝えした通り、2社目の契約は1社目の契約が実績として評価されますが、3社目以降の契約は契約社数が多過ぎると判断され、それだけ契約をするのは何か問題があるのでは?と信用問題に関わってしまうということなんです。

もちろん、とは言っても年収が高い方や、安定した優良企業などにお勤めの場合は審査に通過する可能性は非常に高いと思いますが、あまりお勧め出来る行為とは言えませんので出来るだけ現在ご契約されている2社の消費者金融に留めておくようにしてみて下さい。

最後に、現在1社の消費者金融とご契約をされている方にお勧めしたいのが、2社目の消費者金融も契約をしておくということです。なぜ2社目の契約を勧めるかと言いますと、キャッシングのご利用で一番起こしていけないのは支払い遅延や滞納などの金融事故になります。

先ほどから何度もお伝えしている通り一度金融事故を起こしてしまうと、それ以降のクレジットカードやキャッシング関連の審査に通りにくくなってしまうので、そんなことが無いようにする為にも2社目のキャッシングサービスを保険として契約しておき、万が一1社目のキャッシングの支払い日にお金が用意出来なかった時に備えておくというものです。

万が一のために2社目の契約をするなんて面倒だ…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、一度でも金融事故を起こし信用情報を損ねてしまうと、後からどうしてもお金が必要になった時にどことも契約が出来ない…なんて事態になり兼ねませんので、そんな事にならない為にも保険として2社目のご契約をされておくことをお勧め致します。

最後に2社目のキャッシング契約をされた後に是非行って頂きたい点としてアドバイスさせて頂きます。

それは…、2社目のキャッシング契約カードは財布などに入れておかず、自宅の金庫や自分専用の引き出しなどに保管しておくことです。先ほども言った1社目の支払いの遅延や滞納を防ぐ効果の他にも、万が一財布などを落とし銀行からもお金を引き出せない状況であってもすぐにお金を借り入れすることが出来ます!

何かあった時にすごく有効的な方法なので是非ご活用頂ければと思います!

このようにキャッシングは単純にお金を借りるというだけでなく、活用方法次第で日々の生活に色々な安心感を与えてくれます。心にゆとりを持つということは、仕事やプライベートにも様々な相乗効果をもたらしてくれるので、日々の生活を豊かにするためにもキャッシングのご利用を是非ご検討されてみて下さい!

TOPへ戻る